キューバの恋人

監督 : 黒木和雄

出演 : 津川雅彦、ジュリー・プラセンシア、フィデル・カストロ

1969年 / ドラマ / モノクロ / 日本・キューバ / 95分

1968年。革命から10年後のハバナに降り立った船員アキラは、街で見かけたマルシアに心を奪われる。彼女は葉巻工場で働きながら、革命のため民兵になっていた。アキラは、彼女を追ってキューバを縦断。行く先々で革命に献身する民衆やその苦難の歴史を目の当たりにする。それは、求愛の旅であると当時に、平凡な日本人の価値観とキューバの現実との葛藤の旅でもあった。

キューバ革命10周年を記念して製作された日本=キューバ唯一の合作映画。キューバ側は、劇映画監督として当時は無名に近かった黒木監督を指名し、全面協力。企画からロケまで10カ月という過重な負担と闘いながらの製作であった。カストロやチェ・ゲバラの演説や歓喜する群衆、道端で語らう市民など、当時のキューバの歴史的映像がふんだんに盛り込まれたドキュメンタリー風のロード・ムービーに仕上がっている。

LA NOVIA DE CUBA

Director : Kazuo Kuroki

Intérpretes : Masahiko Tsugawa, Obdulia Plasencia, Fidel Castro

1969 / Drama / Blanco y negro / Japón y Cuba / 95min

En 1968, el marinero japonés Akira se enamora de Marcia. Ella participa en la milicia revolucionaria trabajando en una fábrica de tabaco. Cuando ella regresa a su pueblo, Akira la sigue. Atravesando la isla puede ver la vida y las situaciones difíciles, que viven los revolucionarios cubanos. El viaje sentimental de Akira se convierte en una reflexión sobre la realidad cubana, desde el punto de vista de un japonés normal.

La única colaboración entre Japón y Cuba fue esta película del año 1968, hecha en el 10º aniversario de la revolución, con imágenes de Fidel y el Che que nos muestran la sociedad cubana de la época.

Comment with one of your accounts