カルロス

監督:オリヴィエ・アサイヤス

出演:エドガー・ラミレス、アレクサンダー・シェール、アーマッド・カーブル

2010年 / 伝記・サスペンス / フランス・ドイツ / 165分

1949年にベネズエラで生まれたイリイッチ・ラミレス・サンチェス(通称カルロス・ザ・ジャッカル)は、資本主義社会を憂い過激派の道へ突き進む。1970年にはパレスチナ解放人民戦線(PFLP)のテロ計画に参加。さらにパリでは、ハーグ事件やOPEC本部襲撃事件などのテロ活動に関わっていく。

世界が混沌としていた70年代に暗躍した伝説のテロリスト、カルロスの真実に迫った衝撃作。テロ活動にのめり込んでいくカルロスの生き様にスポットを当て、実際のニュース映像を交えながらドラマチックに描いていく。テレビのミニシリーズ「コードネーム:カルロス 戦慄のテロリスト」を映画として再編集。2010年のカンヌ国際映画祭でプレミア上映され、話題となった。映画にもなったベストセラー小説「ジャッカルの日」のモデルはカルロスとも言われている。

公式サイト&予告編 : http://carlos.canalplus.fr/

CARLOS

Director : Olivier Assayas

Intérpretes : Édgar Ramírez, Alexander Scheer

2010 / Bioglafia de suspense / Francia, Alemania / 165min.

Ilich Ramírez Sánchez, conocido como Carlos "el Chacal", es un joven que lucha radicalmente contra el capitalismo.

En 1970 tomó parte en un ataque terrorista de FPLP (Frente Popular para la Liberación de Palestina). Después de este acto, fue interviniendo más en los actos terroristas como caso Hague y ataque contra el centro de OPEP(Organización de Países Exportadores de Petróleo). EL Chacal fue el terrorista internacional mas buscado de la historia, hasta que llego Osama Bin Laden. Actualmente cumple condena en una cárcel de Francia.

Web oficial y tráiler : http://carlos.canalplus.fr/

Comment with one of your accounts